HAKONE-TOWN × EVANGELION COLLABORATION PROJECT

【照会先】
箱根町役場環境整備部都市整備課

0460-85-9566 / MAIL

 

©カラー

1・箱根補完マップ(観光パンフレット)

 コラボレーションすることで、20代、30代の若い男女層に「箱根」をアピールすることを目的として、(一財)箱根町観光協会(以下「観光協会」といいます。)が作成しました。

 第1弾となる「エヴァンゲリヲン箱根補完マップ」は、アニメや映画の中で登場する19か所の場面を地図上で紹介することで案内をしており、『エヴァンゲリオン』の世界を現実の世界で想像しながら楽しむことができるものであり、2009年6月11日から、町内観光施設で配布されました。

 このマップについては、箱根湿生花園において無料配布を行ったところ、3日間で4,000人のファンが詰めかける等大変好評を博しました。

 また、海外からも問い合わせが多くあったことから、2010年1月末に、日本政府観光局(JNTO)と観光協会との共同制作により、「英語版・エヴァンゲリヲン箱根補完マップ」が作成されるとともに、併せて、箱根を代表する芦ノ湖と富士山を背景に、アニメの登場キャラクターの「綾波レイ」を配した「クールジャパン・ポスター:箱根」も作成されました。

 その後、観光協会は、2011年2月から4月にかけて、コラボレーションイベント「エヴァンゲリヲン新劇場版:破 箱根補完計画」を実施しましたが、その一環として、第2弾となる「エヴァンゲリヲン新劇場版:破 箱根補完マップ」が新たに作成され、同年2月18日から配布されました。

 なお、「エヴァンゲリヲン新劇場版:破 箱根補完計画」においては、この他に、「箱根補完宿泊プラン(EVA×箱根)」、マップと連動したポイントを巡るスタンプラリー、箱根オリジナルフィギュア1/8スケール「綾波レイ 箱根浴衣ver.」の限定販売等が実施されました。

 第3弾となる「エヴァンゲリヲン新劇場版:破 箱根補完ドライビングマップ」は、2011年7月9日及び10日に旧仙石原中学校で開催されたイベント「エヴァンゲリヲン×箱根町×TOYOTA電力補完計画 節電推進ver. In 第3新東京市立第壱中学校」で配布されました。

 このマップについては、他のものと異なり、車で効率よく周れる様、ドライビングコースのモデルルートが掲載されております。

 

2・ラッピング公用車

 町では、観光振興と連携したEV(電気自動車)の利用拡大に取り組むことにより、EV普及の加速化を図るとともに、二酸化炭素(CO2)削減による「環境先進観光地-箱根」の実現を目指していますが、その一助とすることを目的として、コラボレーションラッピングを行った公用車の導入を行いました。

 ラッピングでは、箱根の象徴的な風景である「富士山と芦ノ湖」を背景として、アニメの登場キャラクターの「綾波レイ」が浴衣姿で描かれており、このデザインは、前述した「クールジャパン・ポスター:箱根」と共通のものです。

 このラッピング公用車は、2011年1月27日に町に納車され、現在においても、使用されております。

 また、この他に、2011年7月8日には、トヨタ自動車株式会社のプラグインハイブリッド・プリウスPHVが「NERV」の公用車に認定されたことを受けて、同社から観光協会に、同車種のNERV仕様車が贈呈されました。

 

3・原動機付自転車ナンバープレート

 町独自のナンバープレートを作成し、町の広告塔の一つとすることで、広く町の観光PR活動に寄与することを目的として、コラボレーションしたナンバープレートの作成を行いました。

 ナンバープレートには、富士山、二子山、鳥居、芦ノ湖の箱根らしいシルエットに、「エヴァンゲリオン初号機」がデザインされております。

 ナンバープレートは、50cc以下用(白色)300枚、50cc超90cc以下用(黄色)25枚、90cc超125cc以下用(桃色)50枚、ミニカー用(青色)15枚、合計390枚作成され、2014年3月25日から、交付が開始されました。

観光マップ

ラッピング公用車

ナンバープレート